スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

江刺蔵の市デビュー

 行ってきました。江刺蔵の市へ。
デビューです。まずはその土地柄になじめ、です。
で、こんな雰囲気の所です。


 

蔵町モールの一画にある歩行者専用の通り。
みなさん、のんびり、ぶらぶら。
水曜日だけの地元の市ならではの、風情があります。

さっそく手続きをして、出店。
年会費1000円を払えば、あとは無料。
ただし今年の区画は埋まっていました。が、

「どっかは空くから、心配すんなぁ」
と、常連さんのお言葉。お礼を言って
空いてる所にテントを張りました。





こんな感じの蔵造りの店が並んでいる通りです。
あの岩谷堂羊羹の老舗もあります。





なぜか、ステンドグラス。
これ、標識の一部で、通りにいっぱいありました。

よそ者のぼくを、出店者の方々はやさしく迎えてくれました。
花屋のおじさんは、あずき団子を。
生地屋の旦那さんは、タコ焼きのおすそ分け。

人情、そのものです。
いいなぁ。

え、売上げですか?まあ、はじめてなのでそこそこです。
まずは顔を覚えてもらうこと。地元の人が何を求めているか?
肌で感じるしかないんです。
でも震災で家を失った方が、食器を買ってくれました。

また持ってきてね。

はい、持ってきます。

そんな一日でありました。


奥州懐道アンチック市

 ただいま帰りました。
二日つづけての骨董市。さすがに、くたくた。
このまま爆睡しそうなので、わが身を削り、ブログに立ち向かっております。

今日は盛岡のアンチック市に出店してきました。
晴れてよかった。
三陸大船渡からもおなじみの業者さんが来てくれて、ほっとしました。
でも家は流されたそうです。

やるしかないよね。

そのことばに逆に内陸組が励まされたしだいです。





アンチック市の写真も撮り忘れ、
ぼーっとしておりました。
それでちょこちょこ仕入れてしまったものたちを、お詫びに撮影。
実はこの中のお気に入りは、虫かご、です。
ガキの頃、愛用していたものとそっくり。ぼくの思い出棚に並べておきます。

(あ、奥に見えるタヌキさん、例のたばこ屋さんから貰ったものです。)




これらはコレクターさん用に仕入れたもの。
どうかな。
ま、当たりはずれが世の中です。

すいません。まだいろいろあるのですが、この辺で

一休みさせて頂きます。

あきたアンチック蚤の市

 秋田の骨董市から戻ってきました。
やっぱり、疲れた。これから明日の準備があるのですが、
まだ腰が重くて動けません。

でも、それなりに買って頂いたので、ちょっとにこにこしてます。
あのステンドグラスやバスケット、赤い仔犬の爪きり。
それから文字盤などとも、さよならしてきました。

お宝だった赤いブリキのクラウンを初めて出したのですが、
すぐに連れ去られました。
うーん。
うれしいやらかなしいやら・・・





きれいだなぁ。この美の世界、残念ながらぼくのお店ではありません。
お隣のSさんの一画であります。





これも拙者ではありません。
秋田のFさんの洗練されたお店。
なんだか、モンブランスプーンのお店をお見せするのがはばかられます。
絵になるようなものがさっぱりないなぁ。
あの、なべの蓋じゃね。

えっ、売れたかって?
そんな奇特な方ははおりませんでした。

いつかお見せできる日がくると思います。
これから盛岡の準備です。

あきたアンチック蚤の市 http://blog.goo.ne.jp/retrostyie/arcv

週末は骨董市

 やっと雫石も春めいてきました。
庭の桜も、ちらほら、散って。
さあ!
これからがレトロ稼業の本番です。

明日5/11は、江刺のフリーマーケット。
5/14(土)は、秋田のアンチック蚤の市。
5/15(日)は、盛岡の奥州懐道アンチック市。

仕入れ。品だし。荷造り。の、繰り返し。
眠くてあくびをしながらブログを書いてます。
(申し訳ありません)

さて、


 

これはほんの一部ですが、とりあえず秋田へ連れていきます。
ステンドグラスの電燈は、灯せばそれはそれはきれいです。
あ、そうして撮影すれば良かった。(そういう人なんです)

古い時計の文字盤と振り子。ガラクタですが、いいんだなぁ。
年季の入ったバスケット。
水玉模様の氷コップ。影が、いいんだなぁ。
下に重ねたあでやかなお皿。これに醤油だんごやおはぎでも盛ったら
うまいだろうな。

ということで、
がんばって出店してきます。
おやすみなさい。


湖畔の朝市

 盛岡の奥座敷と呼ばれる、つなぎ温泉。
静かに山脈を映す、御所湖のほとりにあります。

五月の連休、ここで毎年開かれる朝市がはじまりました。


 

農家のお母さんたちが持ち寄る、野菜や漬物。
そこに混じってぼくも出店してます。

中古品だけど、ちょっといいなと思う、焼き物。
少し昔の、着物。
そして、昭和レトロの雑貨。

近所の常連さんや温泉のお客さんたちが、
のんびり会話を楽しみながら、買ったり買わなかったり・・・

朝が早いので朝食はここで済ませます。
5月4日は、豆大福。
5月5日は、桜餅。

どちらも杵臼の搗きたて、です!
あなたのほっぺもきっと落ちます。

5月から10月までの日曜日。
朝6時から8時半まで。

湖畔の朝市で待ってます。


雫石骨董ガラクタ市が開催しました

 岩手に雫石という町があります。
そこの昔の街道沿いの商店街で、元祖軽トラック市が開かれていて
とても賑わっています。

レトロな通りには三社座神社もあり、
三年前から骨董ガラクタ市が開かれています。

ぼくも出店していますが、
今日、今年はじめての市は、
あいにくの、雨。

でもみんな元気に、雨ニモ負ケズ、でした。

お隣の店から、思わず買ってしまった、ものたち。









まあ、昭和レトロと呼ぶには若い品々ですが
しとしと合羽を濡らしているぼくの心を、
幸せにしてくれたものたち、なんです。

とっても安くて、お隣さん、ありがとう。


PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:312 最後に更新した日:2012/05/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM