スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

少年少女物語文庫「猿飛佐助」

 今宵は、十五夜。

雫石はあいにく曇り空ですが、ぼんやり月明かり。
さきほどまで網張のありね山荘の露天風呂で、お月見をしてまいりました。

おぼろ月を拝みながら、今夜、皆さま、遠い昔を偲びましょう。







ふくろうも鳴いております。

ほうぉ、ほうぉ・・・







昔のご本の裏表紙です。表はさぞかしメルヘンのてんこもり・・・







ジャーン!猿飛佐助でした。

集英社版「少年少女物語文庫」NO13。昭和34年8月5日発行。初版。

ふむ。なかなかの美男子。
ところで猿飛佐助って、どんな奴だっけ・・・







えい!やあぁ!・・・おお、励んでおるなぁ。
胸に両手を組み、九字を切って呪文を唱えると、たちまち姿を消す・・・そうです。
甲賀の忍者。真田幸村の十勇士のひとり。

なんだか面白そう・・・






古臭くていい感じ。おじさん、こんなの好きです。
昔の東映映画みたいです。

・・・月のあかるい夜のことである。
  信州の上田城の表門を、するりとぬけ出した、かげのような男があった。
  だれの目にも見えない、かげの男である。・・・

だが、家政婦は見ていた。・・・そんなドラマがありました。







4冊ほど、見つけてきました。

ふたたびお月さんを拝みましょう。なんだか秋田の観音さまみたい・・・

スポンサーサイト

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • 19:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
さずがモンブラン様の紙芝居?見たいものだらけです猿飛び佐助、お手柄です。

あのー、QPさんの布ですが 譲っていただけますか?
  • モジョリコ
  • 2011/09/13 8:48 AM
そうですねえ・・・アンチック市が終わってからご連絡します。
  • モンブラン
  • 2011/09/13 2:40 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:312 最後に更新した日:2012/05/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM