スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

金子国義挿画展

 1960年代、学習研究社から「少年少女学研文庫」というシリーズが発行されていました。
このシリーズ、調べてみると結構凄いです。ほとんどが売り切れ。
中には数万円のものもちらほら。

幸運にも今日、2冊ほど手に入れることができました。

 

 






・シュトルム作「たるの中から生まれた話」・・・1969.8.20初版。
・モルナール作「パール街の少年たち」・・・1969.11.20初版。

ケースから取るとこんな感じです。







モダンです。シュトルムといえばドイツの詩人として有名。
訳は矢川澄子。そして画がなんと金子国義です。一流ぞろいの一冊です。








ちょっと嬉しい。いや、もの凄く嬉しい。
こういうご本に出合えるなんて、諸行無常の遠足のおかげでしょうか。
せっかくですので金子国義挿画展をご覧ください。








「雨姫」より。野山をふわふわとただよっていくこびと。








同じく。マーレンとアンドレース。








同じく。雨姫さま。








「ブーレマンの家」より。主人のブーレマンと二匹のものすごい猫。








同じく。大ネコ。








「のろわれた鏡」より。奥方。

いかがでしたしょうか。大ネコがどこかクラに思えるのです。

月夜の椅子に凭れ、あいつ今頃、ふふん、と鼻を鳴らしているかも知れません。






 


スポンサーサイト

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • 21:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
金子国義、いいしごとしているな〜。
すばらしい一品ですな。
  • 漂流堂
  • 2011/07/23 10:53 PM
むむむ、ほすぃ。昨日の地震は大丈夫かな?首都圏はニュース全く報道しなかった。
  • サバランフォーク
  • 2011/07/24 12:35 PM
漂流堂さま。ただいま八戸から戻ってきました。
金子国義はいいですよね。
  • モンブラン
  • 2011/07/24 5:23 PM
サバランさま。地震は結構揺れました。でも雫石は震度3との報道。
金子の本、確か持ってたと思ったけど・・・
  • モンブラン
  • 2011/07/24 5:28 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:312 最後に更新した日:2012/05/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM