スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

さすらいの少女

 今日、蔵の市は休みました。
今度の土日、蔵の市祭りに出るため、それに備えます。
それと持病の腰も休ませたくて。




 

C&Sはナルミ。カップはナルト。形がいいな。
花柄コップ、ちょっと暗いな。

しばらくレトロ雑貨ばかりでしたので、思い出したように昭和の児童書でも・・・








偕成社版「少女名作シリーズ」全40巻。
この「さすらいの少女」の原作はディケンズ。
あとがきで知ったのですが、原作は「骨董店」という長編なそうです。
う〜ん、知らなんだ。読みたい。
で、少女向けに書き起こした方が詩人の新川和江。今も現役です。

1980年。重版。そんなに古くはないのですが、評価は高いようです。







これが口絵。竹部本一郎という方の絵。異国の感じが出ています。







目次もいいですね。雰囲気があって。
第一章のタイトルが、うら町のこっとう店。
これは読まねば・・・

なになに・・・きりふかいロンドンのさびれたうら町に、小さなこっとう店がありました。
        「トレントこっとう店」と、かかれた、ふるぼけた木のかんばんが、
        ゆうがたの風にふかれて、かたかたゆれています。
        店のなかには、さまざまなこっとう品が、ごたごたと、ならべたててありました。
        はなのかけた、せとものの人形や、木ぼりの像、青銅づくりの、
        きみのわるい首・・・

ああぼくもゆうがたの風にふかれて、この店に入りたい!
ごたごたと、が、そそられます。






ただいま5冊ほど集めました。
調べましたが、それなりにいいお値段です。
あくまでも参考ですが、全国の古書店相場の最低価格をお知らせします。

左から。
夢のバレリーナ・・・1200
さすらいの少女・・・5000
サーカスの少女・・・1500
あらしの中の兄妹・・・1500
銀のスケート靴・・・2500

このシリーズの中には一万以上のものもあります。探してみてください。


スポンサーサイト

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • 13:32
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
「さすらいの少女」 またまた 発掘おめでとう!
  • モジョリコ
  • 2011/06/30 9:55 AM
そちらでも探して歩くのも楽しいですよ。
  • モンブラン
  • 2011/06/30 10:25 AM
時々学校の図書館放出本の中にあるけど、きれいなのはそれなりの値段なんだね。「さすらいの少女」注意しておこう。
  • サバランフォーク
  • 2011/07/01 3:26 PM
少女系は評価が高いようです。カミさんが凄いシリーズを見つけてきました。ブログで紹介します。
  • モンブラン
  • 2011/07/01 3:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:312 最後に更新した日:2012/05/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM