スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「蔵屋物語」第二話

 「寒桜」 栗山匙太郎 作









蔵屋の店の中は静まりかえっていた。
居抜きで借りた五坪ほどの店に来る客は、日に一人か二人ほどだった。
それも冷やかしが多い。売上げのない日々がつづくと、蔵之介もさすがに
肩を落とした。文机の上に置いた時計の音だけがたよりなく時を刻んでいる。









「こんにちわ」
戸口に立つその人の周りだけ、春が香り漂っているようだった。
「いらっしゃいませ」
蔵之介は思わず都会のことばを口にした。
「あの、こちらにかわいい時計はないかしら」
桜のようなその人は、おもむろに狭くほの暗い店の中を見回すと、
あら、と、さくらんぼのような声を一粒洩らした。







「かわいらしい時計ね。おいくらかしら」
「すみません。これは売り物ではないのです」
「あら、残念だわ。他にはないの?」
「あいにく時計はこれだけです」
その人は深く吐息をついた。そして寂しげに沈黙をつづけたが、
「あたし、時計に未練があるの。だって時を刻むものって、人の暮らしの
証しですものね・・・」
そう言い残して透き通るように去っていった。









蔵之介は黒猫である。
人には見えないものを彼の瞳は映していた。
あの人が哀しい来歴の持ち主であることも、そしてこの世の人ではないことも
戸口に現れた時から判っていた。時計を売ることはできなかったのである。
あの人はこの世に未練を残してはならない・・・蔵之介はスルメをしゃぶりながら、
改めてこの世のぬくもりを覚えずにはいられなかった。

「蔵之介さあ〜ん」
遠く寒い山の方から、はかなく声が聞こえたような気がした。


スポンサーサイト

  • 2012.05.04 Friday
  • -
  • 21:05
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:312 最後に更新した日:2012/05/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM